オリジナルLINEスタンプを作って友達や家族にプレゼントしよう!

LINEスタンプというとどうしても販売して売上を求めることに目が行きがちですが
個人間でのプレゼントとしても大変優れているんです。
友達の好きな要素を入れてあげたり家族をキャラクター化したり記念メッセージを入れたり…
身内ならではの遊びも出来てしまいます。

またLINEが普及した今だと何かの集まりや習い事グループ全体で使用するという事も出来ると思います。
今回はそんなオリジナルLINEスタンプをプレゼントする際どういったものを作れば良いのかを贈る相手ごとに述べていきます。

・家族へプレゼントする場合

手作りスタンプならばお金が掛かりにくいことや手間をかけたことが伝わりやすいこと、なにより
これからLINEで使っていけることを考えると誕生日を初めとした記念日に贈る家族プレゼントとしてもお勧めです。
特におじいちゃん、おばあちゃんに贈ってLINEデビューさせちゃうなんてこともできるかも。

また、親から子に贈るパターンも家族関係を良好にしやすい効果があります。
実際にLINEスタンプを贈ってみたら毎日の連絡がより親しみやすいものになって子どもとの距離が縮まったという意見もよく聞きます。
愛情表現の手段としてLINEスタンプは言葉と違って非常に扱いやすいわけなんですよ。

このような家族で使うタイプのオリジナルLINEスタンプ作成事例も年々増えています。
あなたの家族でもオリジナルLINEスタンプを作ってみませんか?

家族用スタンプの工夫としては贈る人達に似ているキャラクターを作ってみたり
使いやすいようにほんわかしたイメージにすること。
LINEスタンプでは写真は審査の段階でNGとなってしまいますので手書きイラストなどから作る必要があります。
専門業者に頼むと簡単に作りやすいですがツールなどを使って作ってみても良いでしょう。
スタンプ審査には最低2~3ヶ月はかかりますので余裕を持って準備をしましょうね。

・友達関係に送る場合

友達の好きな物や思い出を表すような要素があると感慨深いLINEスタンプになるかも。
できればあなたとの共通の思い出ネタを参考に作ると話題の種になったりさらなる親交を得やすかったりします。
プレゼントするタイミングは誕生日や学校の卒業などイベントの数だけ沢山ありますからその時期にあわせて作るといいですね。

加えて相手の年齢が若い場合は出来るだけ年相応にくだけた内容のスタンプだと贈られた方も使いやすいのではないでしょうか。
実用的な細かい感情パターンのスタンプもあれば市販のLINEスタンプを買う必要が無くなるかも。

一人ではなく部活やサークルなど先輩後輩に配ったりすることであなたの印象も良くなるはず。
作る時には長年愛用してくれるようなスタンプにしたいですね。

・何かの集まりやイベントの記念品にする場合

家族や友達など以外でも長年一緒に頑張ってきた地元の付き合いなどがあるはず。
そういった繋がりにもオリジナルLINEスタンプをプレゼントするのは有効です。
シンボルとなる要素を入れたりその地域ならではの特色にしたり
幅広い工夫が楽しめますよ。この手のスタンプは記念品的な意味合いを持つため実用的でなくてもあまり問題ないのがポイント。
楽しさ重視で作ると良いでしょう。

多人数用に作るなら贈る人達と一緒にアイデアを考えても面白いです。
何かの宣伝用にプレゼントするのも現在ではよく見られますのでゆるキャラスタンプなど様々な事例を調べてみると新たな工夫のきっかけになるかも。
年度別の学校の繋がりや会社、習い事グループ、など様々な交友関係に是非作ってみてください。

誰でも手軽に作れるようになり用途も多様化してきたオリジナルLINEスタンプ。
プレゼントにして相手に使ってもらうという方法は現代のコミュニケーションの一つとして成り立っています。
市販のものではなくオリジナルのスタンプを送ればきっと相手との仲は特別なものになるはず。
是非一度試してみては如何でしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする